なんにせよ気分次第

アラフォーおっさんの自由なブログ。内容も更新も気分次第

【異次元】youtubeで見つけた凄いギタリスト達【アコギ編】

 いまや私達の生活に欠かせないものとなっているyoutube。私は暇があればyoutubeを見ています。

 おバカな動画の多い日本のyoutubeですが海外では凄い人たちが凄い動画をたくさん上げています。そんな凄い動画の中で今日は私が見つけた凄いギタリストたちを紹介したいと思います。

 

まず最初はAndy McKeeさん

youtu.be

 この人は私がyoutubeを見るようになって最初に見つけた凄いギタリストです。

 「こんな弾き方があるの?」って感じでしたね。当時の私はパーカッションギターなんて言葉をまだ知らなかったのでギターを叩くなんて発想は無かったです。その上、アコギでタッピングってのもびっくり。ってかそれ以前にうま過ぎる!!一体全体誰なんだよ!!って感じでした。

 いやー衝撃でした。その後しばらく真似しようと頑張ったんですが全くできなかったですね(^_^;)パーカッションとかタッピング以前に基本的な技術が全く追いついてませんでした。次元が違い過ぎました(´;ω;`)

 

次はEwan Dobsonさん

youtu.be

 あれ?これギター?って感じですよね(^_^;)独特な曲にエフェクターを使ってさらに独特な印象になっています。ちょっとファミコンかな?って感じの不思議な曲です。

 見た目に派手な技は一切ないもののベースラインを弾いている時ピッキングが常にスキッピングという地味に難しいことをさらっとやっています。そこにメロディーを同時に弾いているんですから、凄いです。 

 

次はEric Mongrainさん

youtu.be

 これを初めて見たときは衝撃でしたね。だって俺の知ってるアコギじゃないもん!アコギが打楽器になってるからね。タッピングとハーモニクスとパーカッションで奏でる音の世界。もう混乱ですよ(^_^;)なんだよこれ!凄過ぎ!って感じでした。

 常識を覆すってのはこういうことを言うんでしょうね。覆すだけじゃなくてそれで一流の腕前になってるのも凄いですよね。思いついただけじゃなくて思いついたことを磨きあげたんだから。いやぁマジすごいっすわ。

 

次はguitaro5000さんです

youtu.be

 これ、かっこいいわぁ。最後の決めのとことか最高ですよね(*^_^*)Yeah!

 この人はストリートミュージシャンのようです。街中で弾いている動画などがたくさん上がっています。テクニシャンってわけじゃないけどすごくかっこいいプレイヤーです。

 この人はちょっと個性的で缶詰の蓋(底?)をギターに付けてスネアのような音を出すというこだわりがあります。

 この人のパーカッションの入れ方も個性的でパーカッションをドラムのように入れるのでピッキングと同時に入れることになりやすく、実際に真似してみると見た目以上に難しいです。しかし、できれば一人で弾き語るにはこれ以上カッコいいスタイルは無いと思います。 

 

最後はこの方Sam Westphalenさん

youtu.be

 この方は異次元すぎます。いままで紹介した方々も異次元でしたがこの方はぶっ飛んでます。一体どうなってんの?って感じです(^_^;)

 冷静に考えてこれだけ右手と左手が別々に動いているだけで既に凡人には不可能な次元なのに、そこにさらに歌まで入ってくるという、一体頭の中はどうなってんの?っていうくらい理解を超えたプレイです。極めるというのはこういうことを言うんでしょうね。

 この人はいろんな曲のカバーを上げていてどれにしようか迷ったんですが、パンテラってあまりにもジャンルが違う曲をアレンジして弾いているのがすごいと思ったのでこれにしました。他にもたくさんおもしろい曲が上がっています。私のお気に入りは

Rammstein- Sehnsucht - Guitar Percussion - Cover - YouTube

Chitty Chitty Bang Bang Theme - Death Metal Version - Sam Westphalen - YouTube

 とかですね。プレイが凄いのはともかくこの人の顔芸も魅力の一つです。それだけ余裕があるってのも凄いです。

 

 というわけで、いかがでしたでしょうか?

 世界は広いですよね。こんな化け物じみた凄腕のギタリストたちがいっぱいいるんですから。

 凄過ぎて嫌になるかもしれませんが、腕前だけがギターではないですから(^_^;)ギターと音楽を楽しみましょー!!

 

おすすめ記事

Copyright© なんにせよ気分次第 , 2016 All Rights Reserved.