なんにせよ気分次第

アラフォーおっさんの自由なブログ。内容も更新も気分次第

マッスルアップを詳しく解説!!これで君もマスターできる!!

 マッスルアップは私の目標の一つ。しかし難易度が高くなかなかできそうにありません。そんななかマッスルアップについて詳しく解説してくれている動画を見つけたので見てみましょう。残念ながら海外の動画ですが字幕が付いているので頑張って翻訳してみました。

youtu.be

  1. 19秒~:マッスルアップに挑戦する前に懸垂を5~10回できるようになりましょう
  2. 29秒~:5~10回鉄棒でディップスができるようになりましょう
  3. 42秒~:蹴りあがり無しで胸以上の高さまでに懸垂できればすばらしい
  4. 50秒~:蹴りあがり(反動かな?)を使えばもっといける
  5. 58秒~:プルアウトは懸垂しながらバーから離れる感覚を得るのに便利です(?)
  6. 1分03秒~:反動を使えばより高くそしてバーに寄りかかりやすくなる
  7. 1分10秒~:膝での反動の付け方です
  8. 1分18秒~:緊張状態、リラックス状態でスィングに慣れてください
  9. 1分30秒~:スィングと反動を付けるために手を伸ばしたまま膝を上げ下げしてください
  10. 1分40秒~:スィング、反動、懸垂とpull out少しを同時にする
  11. 1分50秒~:低いバーかもしくは宙返りをしてゆっくり下りる練習をする
  12. 2分07秒~:低い鉄棒か台の上でジャンプで上がる練習をする
  13. 2分20秒~:あなたの体でバーの前で挑戦する。メカニズムを憶える助けになる(?)
  14. 2分38秒~:片腕から先に上げる。もう片方の腕が力をつける助けをしてくれる
  15. 3分00秒~:バーから少し離れて上がり手首を返し、前に寄りかかる
  16. 3分14秒~:手首の返しはこんな感じ
  17. 3分28秒~:前に揺れながら反動を付け前に寄りかかる
  18. 3分40秒~:反動無しまたは少なく
  19. 3分54秒~:反動付きでできるようになったら繰り返し練習して反動を少なくする
  20. 4分10秒~:それぞれ5~10回3~5セットできることをお勧めする
  21. 4分26秒~:手叩き懸垂はトレーニングに良い
  22. 4分34秒~:タイプライター(技の名前?)は広背筋、前腕、肩、背中に良い
  23. 4分43秒~:ヘッドバンガー(技の名前?)は前腕と背中に良い

 

 頑張って訳してみました(^_^;)私は大学をでておりませんのであまり正確な訳はできませんので間違っていても優しく指摘してください。

 これでもうマッスルアップマスターは時間の問題!?っていうか結局は筋力の問題なんですけどね(^_^;)

 

おすすめ記事

 

www.inwan-blog.com

www.inwan-blog.com

Copyright© なんにせよ気分次第 , 2016 All Rights Reserved.