なんにせよ気分次第

アラフォーおっさんの自由なブログ。内容も更新も気分次第

これが私の英語の勉強法

 英語の勉強を再開しようという決意をちょっと前のブログに書いたので、昔自分がしていた勉強法についてちょこっと書いてみたいと思います。まぁ気になる人は読んでください。

まずは発音から。発音が英語のすべて

 私の個人的な意見ですが、英語は発音がすべてだと思います。発音ができればとりあえずなんとかなる、そう思ってとにかく発音を勉強しました。

 だいたい発音もできないのに英語を読もうとすること自体アホな行為だとおもいませんか?読めないからカタカナ英語になる→いつまでも発音できない→英語が上達しない

 というわけで発音から私は勉強しました。

 発音についてのサイト→英語の発音と発音記号の一覧表

単語は発音記号を憶える

 単語はすべて発音記号まで憶えるようにしましょう。発音記号は漢字の読み仮名みたいなもんです。読み仮名が読めなきゃ辞書引く意味がない。読めない単語の意味憶えて何してるんですか?筆記試験でも受けるんですか?

 発音記号を読めるようになれば英語の勉強はグッと楽になります。だって読めるからね。ちゃんと言葉に出せて読めるようになるってのは楽しいです。

 アクセントの位置もちゃんと憶えましょう。英語はアクセントが重要らしいですから。アクセントを使いこなせればかなりイケてる英語になります。

 アクセントにはある程度パターンがあるのでパターンを見つけて憶えると良いと思います。

ひたすら音読

 あとはひたすら音読です。声に出して読む。発音が下手糞なのは百も承知。しかし、習うより慣れろです。口と舌が英語の発音に慣れるまでひたすら音読。しらない単語がでてきたら調べて意味と発音を憶えて、そして音読。音読。音読。音読。。

 

 

 これが私の英語の勉強法でした。簡単でしょ?

Copyright© なんにせよ気分次第 , 2016 All Rights Reserved.