なんにせよ気分次第

アラフォーおっさんの自由なブログ。内容も更新も気分次第

一番わかりやすい「L」と「R」の発音の違いの理解の仕方

 英語の勉強をしていてまず困るのがLとRの発音の違い。日本語には存在しないことなのでなかなか理解できない。しかし、私はあることで発見したんです!これの違いがはっきりわかる方法を!

LとRの発音の基本

 Lの音を発音するときは上顎または上の歯の裏側に舌先が当たります。

 Rの発音をするときは舌先が口の中のどこにも触れず、「う」に近い口をすぼめた状態で発声します。

 う~ん、頭では理解できるんだけどね、実際わかんないですよね。それが言葉として発音するときにどう違ってくるかなんてさっぱり分からない。

 でも、わたしある時気付いたんですよ

歌詞に出てくる「ラララ…」は何で「La La La」なの?

 ある時、ふと思ったんですよね。なんで歌詞に出てくる「ラララ」は「La La La」なのか?「Ra Ra Ra」じゃいかんのか?って。何が違うのよ?

 これね、LとRの発音の仕方をもう一度思い出してみるとよくわかります。まず、「ラララ」と歌っている時って舌はどうなっています?絶対上顎の裏辺りに当たってますよね?100%そうなってますよね?これが「La La La」です。

 じゃあ「Ra Ra Ra」だったら?舌を口の中のどこにも当たらないように「ラララ」と言ってみてください。

 おかしいでしょ?やりづらいでしょ?口をすぼめて梅干しでも食ってんの?って顔になってるでしょ?でもそれが「R」の発音なんですよ。

 

 

 とまぁ、こんな感じで私はLとRの違いを理解したわけです。やっぱ、なんで?って疑問に思うことって大事ですよね(^^)

Copyright© なんにせよ気分次第 , 2016 All Rights Reserved.