なんにせよ気分次第

アラフォーおっさんの自由なブログ。内容も更新も気分次第

英語の勉強が向かない人

 私はかつて英語の勉強をがんばって関係代名詞すら理解していない状態からTOEICで680点取れるまでなったものの、勉強を止めてしまいました。何故かというと、私は大きな壁にぶつかったからです。壁と言うと大袈裟ですが、自分自身のことについてもっと早く気付いておくべきだったと思いました。

 

 皆さんは何のために英語を勉強するんですか?将来成りたい職業で必要だという学生の方は別として、既に社会人になられている方はなんのために勉強するのですか?

 たぶんほとんどの人は英語が話せるようになりたいからだと思います。

 これなんですよ。「英語が話せるようになりたい」これね。向いてない人がいるんですよ。それはね。。。

 

 超人見知りでよっぽど仲良くなるまでしゃべれない人

 

 わたしがそうなんですがね、人見知りってのは恐怖心の塊みたいなもんじゃないですか?気を使い過ぎてしゃべれないというか、あれこれ考え過ぎてしゃべれない、みたいなもんです。

 そんな人間が英語で外国人にしゃべれると思う?

 

 もうね、文法的にあってる?とか、おかしな意味にならない?とか、この単語であってる?とか、頭の中でグルグル回って会話なんてできません。無理っす。

 それに比べて、おしゃべりな方のトーク力の凄いこと。横で聴いてて意味のわからんことや理解できないそれって英語?な感じのことしゃべりながら勢いで会話してるもんね。会話が成立してるのかどうかもわからんけど本人楽しそうだし。すげーよ。

 

 と、いうわけでね、超人見知りの方は英語の勉強には向いていないです。あきらめましょう。と言うのは冗談ですが、かなり厳しいと思います。

 それでも英語が話せるようになりたいのなら、とっても優しくて理解のある外国人の恋人を見つけるか、自分を変えるか、もしくは微塵も自分の英語に不安を感じないレベルまで磨きあげるか、のどれかしかないでしょうね。

 ほんと超人見知りってそれだけで人生スーパーハードだよ。

Copyright© なんにせよ気分次第 , 2016 All Rights Reserved.